NTT西日本のフレッツ光とケイ・オプティコムのeo光はどっちがお得?

私はNTT西日本のフレッツ光プレミアム・マンションタイプ(VDSL方式)プラン2に加入しておりプロバイダーはOCNで毎月のNTT西日本の回線使用料が「光もっと割引」が適用されて2,680円(税抜き)でOCNのプロバイダー料が860円(税抜き)で合計3,520円(税抜き)で利用しています。さらに「光もっともっと割」を申し込んだので毎年安くなっていき最高で2,430円(税抜き)まで安くなります。

ケイ・オプティコムのeo光は回線使用料とプロバイダー料を合わせて課金月から1年間は「ネットスタート割」が適用されて2,571円(税抜き)で利用出来ますが「ネットスタート割」が終了すると3,524円(税抜き)になりNTT西日本のフレッツ光の方が使えば使うほどお得になっていきます。

しかしauでLTEのスマートフォンを契約している人にはeo光ネットとeoひかり電話をセットで契約するとauのスマートフォンが最大2年間、毎月1,410円安くなる「au スマートバリュー」が利用できます。

NTT東日本・西日本とNTTドコモは契約者数が多いため独占禁止法の関係で光回線と携帯回線のセット割が禁止されていましたがNTTドコモのシェアが大幅に減り、総務省はNTT東日本・西日本の光回線料金とNTTドコモの携帯料金のセット割を許可する方向で検討しているので、これからますます価格競争が激しくなっていくものと思われます。